So-net無料ブログ作成
検索選択

枯葉の中から

  セリバオーレンに魅せられて4年目を迎えました
 可憐な姿を 落ち葉の中から頭を持ち上げるのは 2月終わり頃から そろそろと思い
 都立小峰公園 に行ってきました  公園内は整備中の看板が立ててありましたが
 セリバオーレン群生地には 入ることが出来ました  昨年は多くの撮影者がいましたが
 今日は二人 ご夫婦のようです ここまでくる バスは1時間に一本 新小峰トンネルを
 抜けると公園前停留所です 私のように最寄駅から約1時間バスに乗ってやってくる人は
 いないようで 車での移動が多いです   
 
IMG_1826小峰公園-1.jpg
 
 
IMG_1832広場の梅-1.jpg
 
 
  梅の花の香りが漂います この広場横  雑木林に囲まれるようにセリバオーレンが 
  群生しています 
 
 
  
IMG_1873セリバオ-レン-1.jpg
 
 
 
 
  
IMG_1901セリバオーレン-両性花1.jpg
 
 
 
 
IMG_1930春の妖精-1.jpg
 
 
 

 
IMG_1923春の妖精-1.jpg
  
 
 
 
IMG_1871セリバ-1.jpg 
 
 
 
セリバオーレンの花は 雄花 雌花 両性花と三種類の花があります
あまりにも花が小さいのでマクロレンズを持ってきました 
 
雄花です  雄しべしかありません 
IMG_1965雨上がり-1.jpg 
 
 
 
 
IMG_1987オーレン-1.jpg
 
 
 
IMG_1992春の要請-1.jpg
 
 
 
 
両性花です  雌しべと雄しべ を持っています 

 IMG_2011オーレンミドリ-1.jpg  
  
 
雌花を探しましたが 見つかりませんでした 
 
 
 
 
葉が現れるのは花後と聞いていたのですが 今年は思わずして葉の姿を見ることが出来ました
   
IMG_1942芹葉-1.jpg
 
 
 
 
IMG_1860セリバ春ですね~-2.jpg
 
地面に腰を下ろしての撮影  春は名のみで まだまだ 寒さが体を冷やします
  1時間に一本のバス 乗り遅れては大変です バス停に急ぎます
今年も春の妖精に出会えました 次の花を探しに出かけられます 
 
御訪問有難うございました 
 
 
 
 

nice!(38)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 38

コメント 7

らる

3種類あるとは知りませんでした.
もしも見かけることができたら
逃さない様に心がけたいと思います(^^
by らる (2017-03-06 15:22) 

bpd1teikichi_satoh

オウレン(黄連)キンポウゲ科は苦味健胃薬、整腸剤として有名で、漢方では消炎や精神の安定に関与していると考えられています。

セリバオウレンとても華麗で、美しい清純な花ですね!
by bpd1teikichi_satoh (2017-03-06 15:37) 

旅爺さん

オーレンは線香花火みたいな花ですが個性があるいい花ですね。
群生してるのが見たいし、お庭にも欲しいです。
by 旅爺さん (2017-03-06 17:48) 

mimimomo

こんにちは^^
ミツバオウレンはよく見かけますがセリ場オウレンはまだ実物に出会ったことがないです。
群生しているところがあるのですか? 我が家からいける範囲にはそういうところなくて残念だわ。
by mimimomo (2017-03-06 17:51) 

kazu-kun2626

おはようございます
セリバオウレン 毎年撮りに
行かれてるんですね
小さいから撮るのも大変ですね
セリの葉に似てるのでセリバ オ-レン
の様ですね
by kazu-kun2626 (2017-03-07 07:21) 

みのこ

地面に腰を下ろしての撮影…
可憐な花なのですね
雌雄・両性というのが不思議
まだまだ寒い日があります
風邪など引かれませんように
by みのこ (2017-03-07 09:41) 

きんれん花

らるさん
是非探してみてください 雌花を探すのが難しいです

bpd1teikichi_satohさん
漢方薬になるんですか 初めて知りました

旅爺さん
ホントに綺麗な花ですね 旅爺さんの広い庭にぜひ咲かせてください

mimimomoさん
山歩きで見つけられるといいですね

Kazu-Kun2626さん
葉の小さいコセリバオーレンもあるんですよ
 
みのこさん
ホントに小さな花で 3種探すのに苦労しています
by きんれん花 (2017-03-07 16:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: