So-net無料ブログ作成

御室桜

 

20数年前訪れた仁和寺には 春を待つ背が低く 色のない桜の木々が庭を埋め尽くしていました
一月の寒い日でした 御室桜の花咲く時期にと願いながら20数年が過ぎ 今年4月6日
仁和寺の門をくぐりました 門に書かれたメッセージ 只今ちらほら咲き です
京の桜は御室の桜で終わるといわれていましたので やはり一週間早かったようです

 
仁和寺  
                                                     
 
 IMG_6992仁和寺-s.png
 
 
 
 
 
 
IMG_6993仁和寺-s.png
 
 
 
 
 
 
 
ちらほら咲を探して 
 
IMG_8335五重塔-s.png




IMG_8346御室桜-s.png


時々青空が

IMG_8348御室桜-s.png




IMG_8374御室桜-s.png




染井吉野と五重塔
IMG_6997五重塔-s.png




IMG_8394さくらさくら-s.png




ミツバツツジと五重の塔
IMG_6999仁和寺-s.png





上賀茂神社から仲木の道へ

IMG_7121半木(なからぎの道)-s.png

 

 

 

 気持ちの良い賀茂川の眺めです 今日は沢山の人がお弁当を広げて花見です

IMG_8573賀茂川-s.png

 

 

平安神宮にも行ってみました

IMG_7131平安神宮-s.png

 

 

IMG_7164平安神宮-s.png

 

 枝垂れ桜が満開です

IMG_7139平安神宮-1.png

 

 

 夜は烏丸御池からブラブラと祇園 四条大橋まで歩いてみました 祇園は外国人に人気があるようでものすごい賑わい地元の人たちには大分迷惑をかけてしまいそう 気をつけねばと思いました

 四条大橋から 夕景

IMG_7169暮れ行く-s.png

 

 

IMG_7170四条大橋-sから.png

 

 

祇園

IMG_7174祇園-s.png

 

 

IMG_7175祇園-s.png

 歌舞練場

 

お土産を買いました

IMG_7330祇園土産.png

 

 食事も済ませホテルへ  明日は雨の予報 雨の状態によっては予定を変えることになりそうです

ご訪問有難うございました 

 

 

 

 

 








京都御所

2016年4月6日 一般公開の初日 御所に入って見学してきました
開門30分前につきましたが 既に報道関係者がカメラを持って 宜秋門前で
待機 すぐ近くには一般の人たちが列を作っていました

見学コース 宣秋門→御車寄せ→諸大夫の間→新御車寄せ→月華門→承明門→日華門
      紫宸殿→清涼殿→宜陽殿→小御所→御学問所→御常御殿→清所門


報道関係者       
IMG_8441報道人-s.png




IMG_7041御車寄せ-s.png




  御車寄




















諸大夫の間では 襖絵 杉戸絵を見ることができました
IMG_8443襖絵-s.png




IMG_8446襖絵-s.png




IMG_8447襖絵-s.png






IMG_8448杉戸絵-s.png




新御車寄せを過ぎると 朱色の回廊が現れてきました 
月華門    月華門からまっすぐに先を見ると日華門に入る見学者が見えました

IMG_7054回廊-s.png




IMG_7055朱塗りの回廊-s.png




紫宸殿が見えてきましたが 全景を写すことはできません


IMG_7061紫宸殿-s.png




進行右に 建礼門
IMG_7064建礼門-s.png





さらに進むと前方に 建春門

IMG_7072建春門-s.png





回廊外からもう一枚撮りました  左近の桜と紫宸殿
IMG_8458左近の桜-s.png





回廊日華門から中に入りますと紫宸殿の脇に出ます 歩くコースは綱が張ってあり
広~い庭には足は踏み込むことはできません


IMG_8481紫宸殿-s.png




右近の橘 と紫宸殿
IMG_7092右橘よりの紫宸殿-s.png




IMG_7094紫宸殿右階段-s.png




IMG_7089御所-s.png




清涼殿
時間をずらして入門していますが 写真をとったりでたくさんの人が重なりあいます
IMG_7099清涼殿-s.png





紫宸殿の裏を通り
IMG_7096-s.png




御内庭 欅橋に出ます (小御所の前にある庭)

IMG_8518欅橋-s.png




御常御殿  御内庭
IMG_7104御池庭-s.png








IMG_7109御内庭ーs.png




御常御殿  襖絵
曲水の宴 岡本克彦
IMG_8528曲水の宴 岡本克彦-s.png





賀茂祭郡参図 駒井孝礼
IMG_8544賀茂祭郡参図 駒井孝礼-s.png



暗闇に浮かぶ襖絵や杉戸絵は 頑張っても絵はきれいに出ないだろうと思っていましたが
カメラを逆光モードにしましたら きれいな色が出て 試してみた甲斐がありました
これからはバカの一つ覚えになりそうです



2時間近くの見学を終えて出口清所門に向かいます 今日は天気に恵まれ 久しぶりの
青空が見られました 京都御苑の糸桜は散ってしまって見られませんでした

枝垂れ桜

IMG_8551御所の枝垂れ桜-s.png


計画した4日間の桜の旅 思いもよらず京都御所の一般公開の日と重なり 訪ねることができ
ラッキーでした  ご訪問有難うございました

京都の桜を追いかけて

八坂神社
地元では 八坂さん 祇園さん の名で知られ京の街の守り神のようです
祇園祭の舞台で知られる八坂神社 お店がたくさん出て賑わっていました

西楼門
IMG_6875八坂神社ーs.png





八坂神社を抜けて丸山公園へ
IMG_6885丸山公園-s.png





祇園の夜桜として知られる 枝垂れ桜  幹の痛みが進んでいるのがわかります
懸命に 桜守りさんの手入れが続いているようです

IMG_6876丸山公園-s.png





IMG_6882丸山公園-s.png




桜の名所で知られる平野神社
IMG_8440平野神社-s.png





寝覚
IMG_8408平野神社 寝覚-s.png





衣笠
IMG_8417きぬがさ-s.png





大島さくら
IMG_8424大島桜-s.png





IMG_7008平野神社-s.png





IMG_8415平野神社-s.png





IMG_8419平野神社-s.png



出店やお休み処が 境内いっぱいに準備され 人でごった返していました
明日は京都御所の春の特別公開の初日です  早く起きていく予定です

ご訪問有難うございました



nice!(24)  トラックバック(0) 

京都の桜を追いかけて

京の郊外  山里の西山にある勝持寺から大原野神社へ                                
大原野神社
長岡京遷都の際に奈良の春日大社の神霊を遷したのが始まりと伝わる古社とあります

IMG_6913大原野神社-s.png






千眼桜  花が 数多くの眼のように見えるからこの名がついたようです
IMG_6918千眼桜-s.png




花をアップすると

IMG_8241千眼桜-s.png






鯉沢の池
IMG_6921大原野神社-s.png





タクシーの運転手さんのおすすめで 善峯寺へ

善峯寺
徳川綱吉の母桂昌院ゆかりの寺
IMG_6922善峯寺-s.png






桂昌院御手植えの枝垂れ桜
IMG_6935善峯寺-s.png





IMG_6925善峯寺-s.png



長さ50mほどの日本一の松がありますが写真にとれませんでした
裏に回ってみると枝垂れ桜がいっぱい植えられていました

IMG_6953善峯寺-s.png


阪急桂駅に戻り 嵐山に行ってみることにしました 何回か訪れた嵐山ですが 
阪急電鉄では初めての嵐山 渡月橋を反対側から渡ります


阪急嵐山駅に わたせせいぞうの絵が描かれた電車が止まっていました

IMG_6976さくらと-s.png






IMG_6978わたせせいぞう絵-s.png


保津川の中州ではお花見の人がいっぱい 露店も出て賑わっています

IMG_8310嵐山-s.png




IMG_8318嵐山-s.png

京都の桜を追いかけて 続-3

花の寺勝持寺へ

京都西山連峰にある勝持寺 「そこまで行ってきたんですか」と京都人が言うのですから 
遠いいのですね JRで京都から向日駅で降りバスに乗って南春日町バス停で降り歩いて20分
バスのダイアは1時間に一本 タクシーに乗って時間の節約です





勝持寺


IMG_6901花の寺 勝持寺ーs.png






勝持寺 門まえから 京都の街でしょうか

IMG_8170勝持寺-s.png







この寺で出家した西行法師が植えたといわれる西行桜 (この桜は3代目植継)
                   (西行桜を見るためにやってきました)

IMG_6903西行桜-s.png




西行は平安時代の歌人 桜の歌人でもあり 桜を詠んだ歌が230首に及ぶといわれています
桜の元で春に死にたいものだと願いその通りに旅立った西行 と伝えられています
なぜ出家したかは不明のようです 出家して西行法師となる前は 平安末期の武士佐藤義清 
として活躍したと記されています





IMG_8233花の寺と西行桜-s.png







IMG_8181コラボーs.png







IMG_6906勝持寺-s.png






IMG_6911勝持寺-s.png




周辺は長閑な景色が広がって 観光客の姿が押し寄せる波のように引き上げると
静かな勝持寺に戻ります
                      ご訪問有難うございました








京都の桜を追いかけて 続

  
  
  地震に遭われた九州の皆さまお見舞い申し上げます
  日常の生活が一日でも早く戻りますよう願っております





秀吉公が贅を尽くして催した醍醐の花見 
その醍醐寺の桜を満喫し次に向かったのは 墨染寺(ぼくせんじ)

深草の 野辺の桜し 心あらば
       今年ばかりは 墨染に咲け   (古今和歌集)


平安時代の歌人 上野 岑雄が友人の関白藤原基経が亡くなったときに
「桜の花に人と同じような心があるならば せめて今年ばかりは 墨染色に咲いておくれ」と
詠んだ歌である  以来その心を汲んだのか 一帯の桜は喪に服すように 墨染色の花を
つけるようになったと寺は伝えている 
ここまで聞き知ると 花びらが墨染色に見えてきて 歌人の心が伝わってくるような気がする 
のが不思議です


三方住宅に囲まれて 門の前は車の走る環境にある墨染寺


ソメイヨシノが満開の境内

IMG_6870墨染寺境内ー
s.png




墨染桜

IMG_8116墨染桜ーs.png




IMG_8132墨染桜(墨染寺)-s.png





IMG_8134墨染桜立て札-s.png



立て札には3代目植継と 書かれています 未だ木は細く花は少ないです
咲き始めの墨染桜は 花色が白く薄墨のようにみえ 時間が経つにつれピンク色が増して華やいで
くるようです




京都駅から一つ目 山科駅を降りて徒歩10分 

山科疎水 


IMG_7998山科疎水-s.png





さらに歩いて4.5分

毘沙門堂

IMG_6799毘沙門堂-s.png







IMG_7982毘沙門堂の桜-s.png





毘沙門堂 枝垂れ桜

IMG_6816毘沙門堂-s.png






IMG_6820毘沙門堂-s.png



京都の桜を追いかけて

4月4日 桜満開で華やぐ京都 沢山の観光客で賑わっていました
     小雨が降ったりやんだりの天気も昼には薄日も出てお花見日和
     海外から来た観光客の笑顔が目立ちます


醍醐寺の桜 


IMG_6856醍醐寺-s.png





IMG_8068醍醐寺の桜-s.png







IMG_6859醍醐寺-s.png







IMG_8036にぎわう醍醐寺-s.png

                        







IMG_8097醍醐寺-s.png







IMG_8037醍醐寺で-s.png



長い間お休みしてしまいました 体調を崩して病院通いをしていましたら  パソコンまでもが
動かなくなり一緒に休養することになってしまいました 新しいパソコンにやっと慣れました  
少しづつ アップしたいと思います どうぞよろしくお願いいたします  2016年 4月